⽇時に関する語句+「、」で、カレンダーへ登録。

『PMEngine』は、メッセージの本文から日時に関する語句を抽出し、その内容をカレンダーへ新しい予定として登録する、株式会社AnchorZが開発した構文解析エンジンです。メール本文に[日時に関する語句]と[、]が書かれていれば、自動的にカレンダーに予定が追加されます。国際特許取得予定(※日本・韓国は取得済)のこの技術は、企業とユーザーをつなぐ新しいマーケティングツールの中核を担う技術として、皆様のモバイル・マーケティング活動にお役に立てると確信しております。

PMEngineは解析のキーワードに「句読点」を利用※日本語の場合

メール本文に、日時に関する語句(○月○日、明日、来週の月曜、15時、午後3時など)と、その後に読点[、]があればカレンダーに登録されます。

【例文】「明日の12時に、新宿でランチでもしませんか?」

読点[、]を打つだけで、現在の時間から逆算して解析してカレンダーに登録します。5月1日にこのメールを受信した場合、5月2日12時に登録されます。

日本語以外にも韓国語、中国語、英語への多言語に対応

PMEngineは、日本語以外にも韓国語、中国語、英語などの多言語化も完了しています。日本から世界中のスマートフォンユーザーに向けて、カレンダーへ直接登録されるメッセージを発信することが可能です。

グローバル展開を見据え、国際特許取得予定(※日本・韓国は取得済)

発明の名称:ワークフロー処理プログラム、情報処理装置、及びワークフロー処理方法 特許出願(出願番号:特願 2009-154378)国際出願番号 PTC/JP2010/061078 国際出願日 2010年6月29日

米国(出願番号 13/381,275 移行日 2011年12月28日)、欧州(出願番号 10794158.5 移行日 2012年1月11日)、インド(出願番号 449-20122 7-1-1 移行日 2012年1月27日)、韓国(出願番号 10-2012-7 002325 移行日 2012年1月27日)、中国(出願番号 W02011/00 1989 移行日 2011年12月29日)